Tellusについて

デバイスの試作を行うTellusの創業者、タニアとケビン

設立の経緯

タニアとケビンは、高齢者ケアに優れたテクノロジーを導入することを使命として、2017年にTellusを設立しました。技術志向の高い二人は、高齢になった祖父母の介護に役立つ適切な製品やサービスを見つけることができなかったという個人的な経験を通して作り出したのがTellusです。

彼らは、実用的なデータ、プライバシー、尊厳に焦点を当てたサービスを、この複雑な高齢化問題に提供するためにTellusを立ち上げました。彼らは、Tellusが遠隔モニタリングの重要な要素であり、増大する介護者の労働力不足と介護負担に対処する上で重要であると強く信じています。

私たちのビジョン

Tellusのビジョンは、最先端技術で高齢者ケアを根本的に改善することです。私たちは、非接触型(ウェアラブルやカメラを使わない)で最先端のAIを搭載したデバイスを作りました。バイタルサインや活動量などの変化にいち早く気づき、通知をする事で高齢者や介護者の安心安全をサポートします。
 
私たちは、Google、Apple、スタンフォード大学の卒業生で、ビジネスとエンジニアリングの修士号を持ち、投資家のPhil Libin / All Turtles、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、NTTドコモ・ベンチャーズ、エネルギー環境投資、デジタルガレージ、みやこキャピタル、DG Daiwa Venturesによって支えられています。
公園で動き不自由な方を介助する介護職員
タニア・A・コークの顔写真
タニア・A・コーク

CEO、 共同創業者

スタンフォード大学エンジニア修士。Google及びVCのCapital IQで、製品や戦略業務を担当する。また、ハーバード大学医学部、 MITの脳科学研究室などで研究職経験も持つ。 DFJ Entrepreneurial Fellowにも選出。ボストン出身ながら、永らく住んだニューヨークを愛す。趣味は「だるま(達磨)」の収集。

ケビン・シューの顔写真
ケビン・シュー

CTO、共同創業者

スタンフォード大学電⼦⼯学学⼠・修⼠。複数の企業や研究機関で高度なセンシング及びモニタリングデバイスの開発を担当。また、スタンフォード大学の研究所、アップル、テキサス・インスツルメンツ、複数のスタートアップで医療機器のプロトタイプや事業化に従事。日本の漫画家「ONE」のファンでもある。

クリシャン・カルドウェルの顔写真
クリシャン・カルドウェル

ゼネラルマネジャー 日本法人代表

オーストラリア国立大学システムエンジニアリング学士。建設技術関連の新興企業を共同設立し、世界中の顧客にサービスを提供する数百万ドル規模の企業に成長させた。オーストラリアと日本でエンジニアリング、プロダクト、事業開発など幅広い職務を経験。サッカー、写真、ハンバーガーをこよなく愛する。

会社情報

社名 テラス・ユー・ケア合同会社
設立 2017年7月
所在地 548 Market St., PMB 56510 San Francisco, California 94104-5401 US
日本拠点 〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-4-4梅崎ビル3F
アドバイザー Phil Libin: CEO, All Turtles & Mmhmm
井上 健: General Manager (Japan/APAC) of All Turtles and mmhmm
落合 実: 看護師・株式会社 i & i 代表取締役・WyL株式会社 取締役
Ken Smith: Director, Stanford Center on Longevity
Amy Yotopolous: Caregiver Center, Stanford Health Care

主要株主

AARP
Allturtles
DG Daiwa Ventures
NTT Docomo
Digital Garage
Energy Environment Investment
Miyako Capital
UTEC

Caregivers are heroes

Tellusでは、介護者はヒーローであると信じています。私たちの目標は、あなたの毎日をより快適なものにし、あなたがベストを尽くすことをサポートすることです。

日本全国の施設でTellusを導入して頂いています

サービスについての詳しい情報や、導入までのプロセスなど、
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。